日光

家の中のあらゆる物は時間経過と共に劣化していくため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
特に日光は劣化を進める原因となり、日光が当っている畳などはすぐに色褪せてしまいます。
同様に、普段から太陽の光を直接受けている網戸も、日光による影響で劣化しています。
破けたり腐食したりしてしまえば、穴から虫が侵入してしまうため、しっかり張替えを行いましょう。

時期

雨や日光が当たる頻度によって、網戸の劣化には違いがあります。
常に湿気ている場所なども、劣化が早くなってしまう可能性があります。
一般的には5年程度を張り替えのタイミングとされていますが、老朽化具合次第と言えるでしょう。
砂や塩など、物理的なダメージが有る場合には1年程度でも交換する必要がでる場合もあります。
丁寧に手入れを行っている場合であれば、素材次第で10年以上交換する必要が無いというケースもあるため、交換の時期は一概には言えません。
プロに確認してもらい、傷み具合をチェックしてもらうのが確実に張り替え時期を知る方法です。